アルゼンチンでプロ家庭教師をしている、日本での講師歴20年の塾講師によるブログ

アルゼンチンのブエノスアイレスに住んでいる、日本での塾講師歴20年(校長歴13年)のプロ家庭教師が入試情報や勉強法についてお伝えします。

【中学受験】公立中と私立中でかかる教育費を比較する②私立編【3月10日更新】

 


ads by Google

前回は公立中の教育費について執筆いたしました。今回は私立中の教育費を見ていきたいと思います。 

なお、以下のデータは文部科学省による「子どもの学習費調査」にもとづいております。

※教育費の表がスマホでは見られなかったため、見られるように更新しました。

私立中学校の学費・教育費

私立中学校の学習費は1年間で総額1,326,933円かかります。

もちろん家庭や学校によってもこの数字は変動します。

 

学校教育費

学校での教育費は1年間で平均997,435円です。

それ以外には以下のような費用がかかります。

 

 

公立中と大きく異なるのは授業料です。

公立中はゼロ円でしたので、この時点で42万円強の差が出ます。

それ以外の点でも全体的に公立中よりも高くなります。

給食費 

学校によって、給食の有無は異なりますが、給食が無い学校がほとんどです。

購買でパンやお弁当を買うことが出来る学校も多いですが、多くの場合は弁当を持参するようです。

そのため年間の給食費は公立よりも少なく、8,566円となります。

 

学校外活動費 

部活動、学習塾や家庭教師、習い事、書籍代などの学校外活動費もかかります。

1年間で平均320,932円かかっています。

内訳は以下の通りです。

 

公立中に比べて学習塾や家庭教師の費用が少ないのが特徴です。

その代わりにスポーツや芸術と言った費用が多くかかっています。 

 

私立中学生の教育費総額

 

学年別の教育費

学年によっても教育費は異なります。

入学年度である中1はやや高め、受験対策で学習塾や家庭教師などで費用のかかる中3も高くなっています。

 

公立・私立の比較や「どちらが得か?」についても執筆予定 

今後は以下のテーマで記事を執筆予定です。

  • 私立中と公立中の教育費比較
  • 公立・私立ではどちらがお得か? 

 

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせ・お申込みはこちらのバナーをクリックしてください。
お問い合わせページに移動します。

また、メールでのお問合わせの場合、こちらからの返信が「迷惑メールフォルダ」に入ってしまうことがあるようです。

返信が遅い場合には迷惑メールフォルダをご確認ください。

また、WhatsAppが使える方は電話番号をお書き頂けますと助かります。

 

ブログランキング参加中!クリックにご協力を

ブログランキングに参加しております。

クリックしていただいた数によって毎日ランキングが変わります。

ぜひ1日1クリックにご協力ください!よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村