アルゼンチンでプロ家庭教師をしている、日本での講師歴20年の塾講師によるブログ

アルゼンチンのブエノスアイレスに住んでいる、日本での塾講師歴20年(校長歴13年)のプロ家庭教師が入試情報や勉強法についてお伝えします。

【高校受験】公立高校と私立高校でかかる教育費を比較する②私立編【3月10日更新】

 


ads by Google

前回は公立高校に通ったときにかかる教育費をまとめました。

今回は私立高校ではどれくらいの教育費がかかるのか見ていきましょう。 

なお、以下のデータは文部科学省による「子どもの学習費調査」にもとづいております。

※教育費の表がスマホでは見られなかったため、見られるように更新しました。

私立高校の学費・教育費

私立高校に通う場合の1年間の教育費の総額は1,040,168円です。

公立高校に比べて2倍以上の教育費がかかる計算です。

もちろん家庭や学校によってもかかる費用は変わります。

内訳を見ていきましょう。

 

学校教育費

学校教育費は年間75万円以上かかります。

特に公立に比べて高額なのは授業料や学校への納付金です。

学校への納付金や寄付金は公立の6倍以上となり、かなり大きな負担になります。

 

 

学校給食費

高校では給食が出るところはほとんどないため、公立と同じくゼロになります。

学食やお弁当で済ませる生徒が多いようです。

 

学校外活動費

学校外活動費の年間の総額は285,000円程度です。

こちらは公立より10万円程度高くなります。

特に大きな違いは「補助学習費」「塾・家庭教師費」です。

私立高校に進学する家庭の方が教育によりお金をかけていることがわかります。

また芸術文化活動にかける費用も公立より多いです。

 

 

私立高校生の教育費総額

 

学年別の教育費

学年別に見ると、入学金や学校への納入金の多い高校1年生が高額になっているのがわかります。

逆に高3になると高1の半分近くまで学校教育費が下がっています。

学年が上がるに連れて学校外活動費が増えているのは学習塾費の影響です。

高3は高1よりも学習塾費が10万円程度高くなっています。

 

今後の執筆予定

今後は以下のテーマで記事を更新予定です。 

  • 公立高校と私立高校の教育費の比較
  • 「公立高校+塾・予備校」と「私立高校(塾なし)」ではどちらがお得か? 

 

 

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせ・お申込みはこちらのバナーをクリックしてください。
お問い合わせページに移動します。

また、メールでのお問合わせの場合、こちらからの返信が「迷惑メールフォルダ」に入ってしまうことがあるようです。

返信が遅い場合には迷惑メールフォルダをご確認ください。

また、WhatsAppが使える方は電話番号をお書き頂けますと助かります。

 

ブログランキング参加中!クリックにご協力を

ブログランキングに参加しております。

クリックしていただいた数によって毎日ランキングが変わります。

ぜひ1日1クリックにご協力ください!よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村